×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE『マスコミ就職』。業界内部への潜り込み方と年収を明かす・・。マスコミ志願者は求人募集情報を見る前に必読!

マスコミ就職・業界への潜り込み方! マスコミ就職希望者・業界内部に潜り込みたい人必見!求人募集を見る前に!
   リクナビNEXT
   マスコミ就職目指すなら
    まずはエントリー
テレビ業界 マスコミ就職・年収大公開

  『放送作家』とは?放送作家求人募集を見る前に必読

 放送作家とはテレビの番組企画やコーナー企画を考えたり、番組内の構成を考える職業です。

 放送作家は構成作家とも呼ばれるが、これと言った形のない職業とも言える。

 なぜならほとんど書かない?書けない?作家もいるぐらい。(もちろん超王道のど真ん中の企画を考えたり素晴らしい才能を持った作家もたくさんいます。)

 放送作家の専門分野や得意なジャンルはあるにせよ、テレビ番組のほかラジオの構成や雑誌の執筆をしたりつぶしのきく職業ともいえます。

 基本的には番組企画やコーナー企画をひたすら次から次と考えることと、会議を渡り歩くことが一番の仕事ともいえるが、コミュニケーション能力とちょっとした遊び心を持ち、ひらめきを3ひねり位できる能力は必須。

 個人的に思うことだが、放送作家として一番必要な資質は面白いことが書けるということではなく、コミュニケーション能力だと思う。

 会議に出て、つかみのある発言ができる能力。実際に面白い企画が書けることも大切だが、こいつちょっと面白いこと言うなとかナイスキャラでムードメーカー的な雰囲気を持っていることが重要。

 なぜなら一行も書けないという作家さんを知っている。それに会議ではたまにいる意地悪なディレクターやプロデューサーがしつこく突っ込んでくることがあるが、人により扱いが違う。同じ嫌な突っ込みでもコミュニケーション能力が高い作家ならヒト笑いされて終わってしまうが、そうではない作家の場合は散々たたかれた挙句に同じ企画だとしてもボツという光景をよく見かけるからだ。

 放送作家として稼げるようになるためには必ず下積みや実績が必要。企画が採用されて始めて一人前と言う感じなのだからである。稼げるお金も下積み中は貧乏だが、一つでもレギュラー番組をもつと給料は5倍10倍に跳ね上がることもある。

 ここだけの話だが30分番組のレギュラーが決まり週一で1時間程度の会議に出るだけで構成料月に60万円貰っていると先輩が言っていましたぁ。

  『放送作家』になるためには?

 テレビ局には放送作家はいないので、外部の制作会社所属かフリーの放送作家を目指すことになる。

 放送作家になるためには必ず下積みが必要。近年は放送作家の人気が高まっているため有名な作家が所属する制作会社に作家として採用されるのは非常に困難である。それに、作家見習いとして採用されたとしても、いつ飛ぶかもわからない同じような作家がゴロゴロいるので競争は激しい。

 放送作家になるためには制作会社が募集する放送作家見習い募集やリサーチャー募集などに応募するか、作家とコネを作り書かせてもらうチャンスを貰うことが近道です。

 私の場合は、後者の方法、すなわち現役放送作家のヒトと知り合うことが出来、書かせてもらうチャンスを貰ったことにより道が開けたパターンです。

 そこで、禁断の「コネの作り方&書かせてもらうチャンスを貰う方法」をここで大公開しちゃいます!

 まず@放送関係の専門学校に入り講師として来ている放送作家にアピールするか飲み会などに参加させてもらい自分を売り込むA制作会社のアルバイト(職種は関係ない)に応募して入れたらスタッフに私書いてみたいんですとちょくちょくアピールするBラジオ番組などが募集しているアルバイトやADに応募してスタッフと仲良くなりアピールする。などなど・・・。

 特にABはお金がかからずすぐにでもできる方法である。知人にラジオ番組のADをしていて人手が足りなくて、ディレクターにちょっと書いてみるか?と言われ作家になった経験があるものがいます。

 正式な作家へのなり方がない分、いろいろと方法があります。他にはコンテストなどに応募しているうちに声がかかるということもある。

 現在、作家の中堅はゴロゴロいるが、ゴールデンや人気番組の構成を担当している作家はごく一部の限られた人々。そこまで超売れっ子人気作家になるにはヒット企画を思いつく才能とスタッフに恵まれる強運が必要だろう。

  『放送作家』の年収

  年収
  『0〜3000万円程度』



 --どうすればマスコミに就職できるか?編集人が選ぶマスコミ系求人充実サイト--

  ■マスコミ就職・転職を目指すなら、エントリーしておけば断然有利な「リクナビNEXT」を利用するといいです。求人案件の数が断然多いから一番オススメです!

  □自分で求人に応募するより確実なのは、転職コンサルタントサービスを利用すること。今CMで話題のリクルートエージェントなら無料でプロのコンサルタントが日程調整や条件交渉、就職までをサポートしてくれるので一番良いところへ転職し易いです。

  また、マスコミ・クリエイティブ系の求人が豊富なのが、非公開求人が魅力の転職の新サービス【DODA】です。多くのサイトを利用し、エントリーしておくだけでも、スカウトされる可能性が高くなるほか、いい条件の情報を見つけることができるはずです。

  派遣、とりわけマスコミ派遣で探す場合は、リクナビ派遣マスコミが業界トップの情報量!

  マスコミアルバイトなら、有名サイトのWeb anたちよみフロム・エーが充実しています。他には就職関連の求人もあります。


  『私のおすすめ』
 自分で探すなら⇒ リクナビNEXT サポート・好条件なら⇒ リクルートエージェント

 
マスコミ就職・フリーランス年収公開
プロデューサー
AP
ディレクター
AD
カメラマン
放送作家
リサーチャー
編成
広報
タイムキーパー
技術
音声
デスク
美術
大道具・小道具
衣装・メイク
車両
マスコミ就職リンク

リクナビNEXT
リクルートエージェント
リクナビ派遣マスコミ
転職のDODA
Web an
フロム・エー



ラジオ業界
プロデューサー
ディレクター
AD
構成作家
DJ
ミキサー
編成
選曲
広報
マスコミ就職
PR


マスコミ就職ページの上へ
copyright2006  『マスコミ就職』 All right reserved.